システムの特徴

削減した電気料金をLEDの導入費用に充当するので初期投資費用を抑えられます。

照明光熱費は空調光熱費と異なり、W数×灯数×使用時間の相関が
厳密なため、W数が半分になれば、消費電力は正確に半分になります。
そのため正確な削減額の算出が可能で、レンタル、リース、ローンでの支払い額を
削減した電気料金と比較しながら、回収期間を容易に設定することができます。

公益財団法人日本体育施設協会推奨「指定管理者向けリース 」はリース終了後再リース料が発生しません。

「指定管理者向けリース」はリースアップ後、所有権を指定管理者様または区、市、県などに
移転することができますので、再リース料を払い続ける必要がありません。

LED照明は電力削減量を数値でハッキリと示すことが可能です。

照明器具による消費電力は、W数×灯数×使用時間の相関関係が不可変なため、
同じ使用時間で灯具のW数が半分になれば、消費電力は正確に半分となる。

(例)
消費電力1000W(=1kW)の水銀灯を100灯、1日12時間、年間360日使用
した場合の1年間(稼働360日とした場合)の総消費電力は以下の様になる。

※厳密には水銀灯は消費電力1000Wの他に、安定器の電力ロスが7~9%加わるため正確な消費電力は1070~1090Wになるが、ここでは安定器の電力ロスは無いものとして説明する。

1,000W(1kW)×100灯×12時間×360日=432,000kW
月額にして432,000円(電気料金単金:1kW=12円として)

LED照明は消費電力が小さいため、上記1000Wの水銀灯であれば240WのLED灯具で置き換える事が可能。この場合、同じ使用時間であれば消費電力は水銀灯に比べ正確に76%削減される事となる。

(例)
上記の消費電力1000Wの水銀灯をLED灯具(消費電力240W)に交換した
場合の総消費電力は以下の様になる。
240W(0.24kW)×100灯×12時間×360日=103,680kW
月額にして103,680円(=水銀灯との差額¥328,320/月)


上記の例だと、1年間の総消費電力は水銀灯の432,000kW/年に対して、LED灯具に交換した場合は103,680kW/年となり、
年間で328,320kW、正確に76%削減されたこととなる。

これは契約電力量料金(単金)が12円=1kWの施設の場合、
328,320kW×12円/kW=3,939,840円/年相当の電力が削減された事となる。

さらに電力には上記の単金の他に「契約基本料金」が設定されている。これは施設の総電力消費量に基いて設定される基本料金で、一般的な体育施設では1,950円/kW、適用145kW/等の設定となっている。
LED灯具を導入することにより、相当分の総消費電力が削減されることにより、契約基本電力を引き下げることができる。
(注:契約基本料金の変更は通常、LED灯具の導入の翌年の契約基本料金の更新時より適用となる)

(例)
上記の場合、水銀灯1000W→LED灯具240Wに交換する事による契約基本料金の削減分は以下の計算式により算出できる。
1000W(1kW)×100灯=100kW/1時間→240W(0.24kW)×100灯=24kW/1時間
76kW(削減分)×1,950円(基本料金)=148,200円/月の削減

1年間では148,200円×12ヶ月=1,778,400円が2年目より削減される。

1,000Wの水銀灯を240WのLED灯具に交換した場合の、
1年間の電気料金の総削減コストは以下の通りとなる。

    1年目:3,939,840円
    2年目:3,939,840円+基本料金削減分:1,778,400円=5,718,240円
    3年目:3,939,840円+基本料金削減分:1,778,400円=5,718,240円
    4年目:3,939,840円+基本料金削減分:1,778,400円=5,718,240円
    5年目:3,939,840円+基本料金削減分:1,778,400円=5,718,240円
 
    電気料金は、5年間でトータル26,812,800円の削減となる。

さらに水銀灯は管球の設計寿命が約9,000時間なので、理論上の寿命まで持ったとしても上記の例だと、2年間で管球の寿命と  なるため5年間では2回の管球交換費用が掛かる。1000Wの管球費用を1球@15,000円とすると管球費用は以下のようになる。

@15,000円×100灯×2回/5年間=3,000,000円

従いまして1,000Wの水銀灯を240WのLED灯具に交換した場合の、
5年間の電気料金+管球費用含めたランニングコスト総額は以下の通りとなる。

5年間の電気料金総額26,812,800円+管球費用3,000,000円=29,812,800円
上記を月額にすると29,812,800円÷60ヶ月=496,880円/月 となる。

削減電力料金充当導入システムは、この削減総額をLED照明灯具の購入、工事費に充当するスキームです。
また、独自の「指定管理者向けリース」の適応が可能ですので、5年間のリースアップ後は所有権を移転できますので、その後の毎年のリース料の発生がなく、大変リーズナブルなプランです。